前へ
次へ

木造枠組壁式工法はアメリカで一戸建て住宅を建てる時に使用されている工法ですが、日本の住宅に採用されるケースがあります。
元々日本では木造軸組による工法が主流として使用されていますが、デザイン住宅などの豊富なデザインに対応できる柔軟性がある木造軸組とは若干異なり、木造枠組壁式工法は、使用される材料の寸法や釘等を規格化する事で、安定した住宅を低コストで建てる事ができます。
木材の間柱と壁で建物自体を支える特徴があり、マニュアル化された状態で一戸建てを建てられるので、職人の質に建物自体の質が左右されにくいのも魅力的です。
壁の厚さを自由に変化する事もできるので、厚さを増す事で、断熱性能を増す事ができて、冬などに寒くなる地域に一戸建てを建てる場合は、低コストで断熱性能を得られるので、非常に魅力的です。
大きな窓を住宅に付けたりする事は難しいのですが、地震に強い構造になっているので、地震が多い地域でも、頼りになる工法です。

一戸建てで重要になってくること

Page Top