前へ
次へ

どれくらいの資産があれば夢の一戸建てを買うことができるのかいろいろ調べてみたら、思ったよりもハードルは高くないことが分かりました。
今のところ私には一千万円程度の預金がありますが、それを使えば相当良い家を建てることができると分かったのでほっとしています。
一戸建てはかつてローンを組んで建て、それをこつこつと返していくのがサラリーマンの生き方でした。
家を持つことは一国一城の主となる意味も持っており、そこで人生のすべてが凝縮されていたといっても過言ではありません。
ただ、今は中古住宅などでも相当良い条件の物件があり、一から新築の住居を作るよりも割安で良い生活ができるケースもあります。
どんな家が自分に合っているのか、家族を幸せにできるのかをまず第一に考えて家探し、家作りをしたほうがその後の人生で迷いが出にくくなります。
一戸建てに住もうと思ったら、まず第一にすべきことは住みたい土地を探すことです。
仕事を変えるのも手ですし、物件探しを先にしておくのも良いでしょう。

一戸建てで重要になってくること

Page Top