前へ
次へ

賃貸経営を行う場合、マンションにするのか一戸建てにするのか、悩まれている人もいるかもしれません。
一概には言い切れませんが、賃貸としての需要は、マンションの方が多くあります。
ただし、引っ越しを行う割合も高く、空室になる可能性を考えておかなければなりません。
一戸建ての賃貸においては、一度住めば、長く住み続けてくれる可能性があります。
長く住むことを前提に、住宅を求められている傾向も高くあるためです。
一般的なイメージにおいては、マンションよりも、一戸建ての方が家賃が高いイメージがあるでしょう。
そのため、地域におけるマンションの相場より、高く設定しても入居者が現れる可能性があります。
両方に言える話としては、地域として住みやすさも大切であり、商業施設など調べておくのもポイントです。
一戸建ての場合は、住み慣れた住宅として、住人が買い取りしてくれる可能性もあり、その考えを視野に入れておくのも良いでしょう。
予算に余裕があるのであれば、リフォームをすると、借り手が見つかりやすくなります。

一戸建てで重要になってくること

Page Top